<   2006年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ずっと好きでいてもいい?
そんな質問が出てくる。
いけないことを知っているからだ。
聞かなくてもいい。
確かめたい。

相手の許可が必要なことではないが、拒まれる可能性はある。
好きなのは心の問題だ。
でも、付き合うのは気持ちだけでは乗り越えられない場合だってある。

いつか変わる、そうなる時がある。
いつか変えよう、積極的に変えようとする意思。

変わろう。

いけないという思いが強くなったとき・・・・

今の彼女はそんな気持ちになっているような気がする。
[PR]
by ryu2005 | 2006-07-31 10:15 | 未分類

おととい

駅までの道は、会社の連中も通るのに、
いくら車の中だとは言え
見つからないとは限らない。

これから行かなければならない所がある。
それでも、たった10分のためにここまで来ていた。

今日は会いたい。
そう思い続ける日がある。
今日も・・・・

駅の近くで降ろして帰る。
彼女は周りを確かめてから
「誰もいないよね」
急いで車を降りる。
その前に Kiss

駅に向かう後姿。
見えなくなるまで・・・・
何回もこちらを振り返って、
名残り惜しそうだった。

また来るから・・・・
[PR]
by ryu2005 | 2006-07-27 23:08 | 未分類

今まで通りにいたいと思うのは僕の身勝手。
彼女もずっとこのままでいいとは思っていない。
それなのに離れられない。
何か、きっかけがないと変わらない。
きっかけは心の中にあるはずなのに、
目を向けようとしない。
お互いを見ていたいから。
本当は変えられるのに、変えようとしないのも心だ。
彼女に迷いのあるのはいいチャンスなんだ。
僕もそれを受け止めて生かすのならば・・・・
迷ったままメールのやり取りがある。
変わらぬうちに会っている。
彼女が微笑んだとき。
僕には勇気がない。
今まで通りに・・・・
今日も、仕事が終わったら会いに行く。
[PR]
by ryu2005 | 2006-07-25 17:51 | 未分類

次に会ったときも、彼女の中に何かが引っかかっている感じだった。
真っ直ぐこちらを向いていないみたいだった。
笑っているけれど、どこか不自然ないつもと違う。
遠まわしに訊いてみる。
気がつかないのか、違う返事が返ってくる。

「ごめんね、変でしょう?」
しばらくしてから彼女が言った。
「大丈夫なの。ちょっと気にしたら頭から離れなくなっちゃったみたい。すぐに直るからね」
気にしているのは僕に悪いから?
相手に悪いから?
それ以上訊かなかった。

自分自身のことなのかも・・・・悪い女になっていると感じたのかも知れない。
どちらにしても落ち着くまで時間が必要だと思った。
また次に会う時まで・・・・
僕にも時間をください。
[PR]
by ryu2005 | 2006-07-25 08:34 | 未分類

気持ちが揺れ動いた。
彼女が会社の同僚と食事に行ったからだった。
僕はちょっと嫉妬心。
彼女は・・・・

好きな人がいるのに、違う男性と一緒に過ごすことが後ろめたい感じだったらしい。
そんな事を言ったら、僕はどうしたらいいんだろう?

「貴女がどう思っているかが大事」だと言った。
僕に悪いと思ったのか? 何故悪いのか?
悪いと感じる何かが貴女の心にあったからなのか?
そうでなければ堂々としていればいい。
相手を意識したからなのだろうか?
男性として・・・・
そうであっても僕に悪いと思わなくてもいいんじゃないか。
悪いのは僕の方だから。

でも、よく聞いたら相手の男性には彼女がいるんだそうだ。
なんだか複雑な・・・・
[PR]
by ryu2005 | 2006-07-24 19:19 | 未分類

ちょっとサボってました

祝日だった月曜日。ちょっと天気がわるかったけど、海へ出かけた。
いつもより遠くへ・・・・
行ける所まで行ってみようか?
海岸線をとばして・・・・行きたかったけれど、渋滞だ。
僕はそれでもいい。走っている間は彼女を見ていられないから。
信号待ち、渋滞、休憩。
走ってない時の方が好きだ。

「いけるかな・・・?」と彼女が言ってた岬まで走った。
あまり人がいなかった。知人にも会わないだろう。
「わーい。デートだ」
彼女はそう言ったが最初からそのつもりじゃ?
でも、彼女は日常からの解放感がうれしかったらしい。
普段は人目を気にしながらだ。

帰りが少し遅くなってもいいかな。
のんびり過ごせる時間は貴重だった。
他人を気にしないでいいのも。
灯台までの遊歩道はふたりだけだ。
広がる海を見ながら語り合った。
「また来ようね」
「いいね・・・・」

家路についたのは夜になってからだった。
帰りも渋滞していた。
ゆっくり帰る。

また、普段の生活に戻る。
彼女との日常もまた続いていく。
[PR]
by ryu2005 | 2006-07-24 13:44 | 未分類

夏休み?

パソコンの修理が必要らしいのでちょっと休みます
[PR]
by ryu2005 | 2006-07-16 19:53 | 未分類

とても・・・・

時間が限られていたから、
お互いが時間の制約があったから、
ほんの10分、
会って別れた。
彼女の仕事が終わる時間と、
僕が仕事で約束した時間。
あいていた。
彼女の会社まで行って、駅まで送るだけの時間があった。
それだけで良かった。
今日は彼女に会いたかった。
そんな時間は無いと思っていたから・・・・
貴重だった。
一回のキス。
[PR]
by ryu2005 | 2006-07-12 15:37 | 未分類

バテ気味

一日おいて、また彼女が夢にあらわれた。
なんでそんなに夢に見るのか?
最近とくに変わった事はなかったように思う。
気が付かないところで
自分の中で何かが変わっているのだろうか?
その現れなのか?
会えない日が続いている訳でもない。
気になることがある訳でもない。
会った時・・・・
いつもより仲良くしすぎた・・・・かな?
[PR]
by ryu2005 | 2006-07-11 19:16 | 未分類

日向に

路地を歩いていたら、どこから出てきたのだろう? ミミズがアスファルトの上を這っていた。
土の中に居ればいいのに、追い出されたのだろうか?
君の住める場所は近くには見当たらない。
そんなにのんびり動いていたら危険だ。
鳥に見つかって食べられてしまうか・・・・
誰かに踏み潰されてしまうか・・・・
それらを逃れても、いずれ干からびてしまうに違いない。
誰にも見られずに隠れていることが
幸せなのに・・・・
[PR]
by ryu2005 | 2006-07-08 16:48 | 未分類