<   2006年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

旅先から

こちらからの連絡は控えていた。
楽しんでいるところを邪魔しないように・・・・
夜にメールが来た。
旅館で落ち着いた頃に送ってきていた。
返信する。
返事が来る。
また返す。
・・・・
いつか途絶える。
また次の夜まで。

本当は会いたい。今はメールでもいい。
写真もつけて(リクエスト)
彼女を見られるのが嬉しい。

どんなお土産よりも彼女。
無事に帰ってきて、笑顔で会って・・・・
[PR]
by ryu2005 | 2006-08-28 22:59 | 未分類

夏休み

今頃、夏休みです。
2~3日出かけてきます。
・・・・彼女が、です。

僕は今日も仕事。
彼女は遠くに行ってしまう。
近くにいても会えないけれど。
同じ、会えない日であっても、
どうしても会えないのは
こちらの気持ちも違ってくる。

会えなくても手の届くところに彼女がいた。
今日はそこに彼女はいない。
彼女は帰ってくるけれど・・・・
そのうちに
近くにいても手の届かない
場所に行ってしまうのかも・・・・

取り残される寂しさ。
[PR]
by ryu2005 | 2006-08-25 08:14 | 未分類

公園で

日差しを避けて木陰に逃げ込んだ。
小さな公園だったが、暑い中でも子供たちが遊具で遊んでいた。
水のみ場にいる子供は水が飲みたいのではなかった。
ペットボトルに水を入れて、砂場に運んでいた。
砂場には既に小さな水溜りがいくつもできていた。
水を運ぶ子供は何往復したのだろう。
僕らの前を行ったり来たり・・・・

空のペットボトルを持って走ってきた時、
その子は転んでしまった。
黙って見ていられない彼女は傍に行って声をかけた。
男の子を起こして「大丈夫?」と聞いた。
男の子は黙ったまま頷いた。

僕もその光景を黙って見ていた。
傍目には母と子に見えなくもない・・・・

・・・・・・・・・・・・・

また水を運び続ける男の子。
彼女の役に戻った女性。
[PR]
by ryu2005 | 2006-08-19 10:53 | 未分類

銭湯に行った・・・・
  夢を見た。

彼女も一緒にいた。
もちろん裸で。
他にも男たちがいる。
みんな見ている。
彼女は平気でいる。
僕が平気ではない。

見るな。
僕の彼女だ。
いいだろう?

・・・・そんな夢。
変な感じ。
[PR]
by ryu2005 | 2006-08-16 08:49 | 未分類

貴女の中の変容
何かあった
変化が表に現れる
ふたりでいることの
慣れたスタイルに
今これ以上
先へ進む方の変化を
求めない
行き止まりに
見える景色
後戻りできない
時間を
ふたりの距離に変えて
形だけでも
戻ってみたがっている
今日会えると
昨日思っていた
昨日の生活に
貴女はいなかった
貴女が好きだ
昨日も好きだった
今日も変わらない
次の明日へ
また何かを求めて
先へ進もうとしている
貴女の影はそんなに遠くない
[PR]
by ryu2005 | 2006-08-15 16:56 | 未分類

物足りない

街がいつもより静かだ
車も走りやすい
仕事は少ない
でも休めない

彼女には会えない
天気もよくない
応援していた高校が負けた

なんだか面白くない
早く帰ろう

早く帰っても・・・・
ビールは冷えていても・・・・
見たいTVがあっても・・・・

物足りない
彼女に会えない
・・・・かもしれない

この仕事が終ったら
彼女の方へ
向かえばいい

道は空いているんだし
[PR]
by ryu2005 | 2006-08-14 12:52 | 未分類

夏休み

世間は夏休みなのに、今日も仕事。
どうやら彼女も会社に行ってるらしい。
みんなと休みをずらして取る。
僕もそうする。
「海へ行こう」
「遠くへ行きたい」
「映画は?」
話題には上っても、なかなか実現しない。
いつもそうだ。色んな事情で現実的ではないもの、人に怪しまれるものが却下される。
長い休みでも、半日の休みでもあまり変わらない。
いつもと変わらない。
それでいい。どこかへ行くのがいいのではない。
一緒にいられるのがいいのだから。
[PR]
by ryu2005 | 2006-08-12 12:51 | 未分類

はなび

花火大会には行かなかった。
仕事があった。
「今から行っても終っちゃうね」

予定を変えて夜の公園に行った。
遠くに繁華街の明かりが輝いていた。
落ち着いた感じの静かな公園だった。
ベンチに座って話をしていた。
公園は僕たちだけではなかった。
離れた場所で親子連れが花火を楽しんでいた。
[PR]
by ryu2005 | 2006-08-07 11:51 | 未分類

八月

今年はまだ花火を見ていません。

また一緒に行きたい。
綺麗だった花火・・・・
と彼女。
花火の明かりが顔を照らした時
綺麗だった。
眼が一瞬、輝いた時
綺麗だった。
僕が見ているのに気がついてこちらを見た。
「綺麗だよ」って言ったんだっけ?
そう思っただけだったかな?
過去が少しづつ遠くなるのは構わない。
でも、最近は二人の間に距離が出来ている感じがする。

今度の花火大会は一緒に・・・・
[PR]
by ryu2005 | 2006-08-03 08:39 | 未分類