<   2006年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

お客様

いつものルートを変更してちょっと遠くまで行った。
お役様が同乗でいつもは行かない町までだった。
行き先を聞いただけで道案内なしで着いたので「よく道を知ってますね」と言われた。
実は彼女の実家の近くだった。
おかげ様で感謝されました。
彼女に、ありがとうメールを打った。きっと何の事だか分からなかっただろうけれど・・・・
[PR]
by ryu2005 | 2006-05-31 23:09

今日の彼女

彼女に会えない日が続く。
今日の彼女はメールで会える。
最近、写真を送ってくれるようになった。
写真嫌いだったはずの彼女が、自分で撮って送ってくれる。
僕も送り返す。
仕事中の、あるいは休憩中の二人が
本人同士は会えないまま、
姿だけが飛び交っている。
出合った頃には考えられなかった。
・・・・
久し振りに見た。
彼女の制服姿。
[PR]
by ryu2005 | 2006-05-29 22:36

ある問いに・・・・

今の生活を壊す必要は無い。
自然に壊れる事はありうる。
出来ることなら彼女と結婚したい。
やり直せるなら・・・・でも、やり直せない。
彼女と結婚したとして、初めは良くても
嫌いな面も発見して、他人がもっと良く見えて・・・・
いつか同じ事を繰り返すのなら、今の生活を壊す必要は無い。

人が変わって、人生も変わるような気がしても、
自分自身が変わっていなければ、変わらない。

いつか僕が変化を求めるか、
彼女が変わっていくか、
変えてもいい環境になっているか・・・・

勇気が無いから今はこのままです。
[PR]
by ryu2005 | 2006-05-25 22:26

雷鳴

雷雨になっています。
雷が苦手な彼女。
こんな時に傍にいられたらいいのに。
部屋の中でじっとしているのかな?

守ってあげたい。
雨音の中で、二人で固く抱き合って・・・・
彼女を不安にさせるものから。
彼女を恐がらせるものから。

二人でいれば、
寂しさもなくなる。

身も心も暖め合って・・・・
僕の不安な気持ちも支えてください。
[PR]
by ryu2005 | 2006-05-24 21:25

Ghanging Partners

長年一緒だったのを手放した。
新しい方がいいとも思った。
でも、前のやつの方が使い易かった。
バッテリーが弱ってきた携帯電話。
バッテリーを替えるよりも機種変更の方が安い?

新しい携帯電話は使い慣れていないので、
メールの使い方さえよく解かっていない。
彼女からメールがきても、説明書の方を読んでいる。
結局パソコンからメールを送った。

使い慣れた方がいい。

安心して使えるのに、

元にもどらない・・・・
[PR]
by ryu2005 | 2006-05-23 22:14

明るい・・・・計画

無計画な行動はいけない。
慎重に行動しないと危険だ。
怪しい事は避ける。

でも、この二人は無計画に行動していないか?
反省。

反省が活かされていない。
同じ事を繰り返している。
人が集まる所は避ける。誰がいるか分からないから。
きっといつか目撃者が現われて・・・・

あんなに混んでいるなんて、
今回は予想外の人出だったんだよね。
反省。
最初「湖に行こう」って言ってたのに、途中で行き先を変えたのは僕だった。

約束があるから8:00までに帰るって言ったのに、引き止めて遅らせたのは彼女の方だった。
[PR]
by ryu2005 | 2006-05-21 23:09

表裏

仕事が早く終わりそうだった。
彼女の方も早く終わりそうなので、いつもの場所で待ち合わせのメールを送った。
ところがその後、予定変更で時間と場所を変えた。
彼女の方が早く終わって、こちらへ向かっていた。
帰ろうと思っていたところに、急な発注で帰れなくなっていた。
彼女からは、何処の駅で降りたとか、今どの辺りにいるとかのメールがくる。
結局、残業の時間になってしまう。
時間も気になるし彼女も気になる。

今日はダメだ。
彼女に断りのメールを入れる。
待たせてしまったのに・・・・

その後の彼女からの返事。
「了解しました。お仕事頑張ってね」

「待ってます」と返って来るかと思ったのに意外と素直だった。
文面通りで、本人も素直だといいのだけれど・・・・
[PR]
by ryu2005 | 2006-05-17 23:15

便りのないのは

昨日は何も連絡が無かった。
僕も連絡しなかった。
今日もまだ無い。
それなのに
心配な気持ちも無かった。
大丈夫なんだ。
きっと彼女も・・・・

彼女がいない生活になって・・・・
でも、会ったときには彼女でいっぱいになる。

今日は本当に平気でいた。
これでいいんだ。
そして、いつか別々の人生に戻る時もこんな感じなんだろうと考えた。
それが理想だと思った。静かに別れていく。
悲しみとか、涙とか、
喪失感なんか要らない。
ある日ふと、本来の生活になって冷静に生きていく。

今日はそんな感覚を味わっているのだ。
きっと彼女も僕の連絡が無くても心配はしていない。
その証拠に彼女も連絡をしてこない。

単なる勘違いかもしれないが、
彼女とは気が合う。
[PR]
by ryu2005 | 2006-05-15 23:46

訊いてもいいですか

幼い頃のことから、昨日の出来事まで、いろんな話をした。
彼女の情報が増えたようにも思ったが、いつか聞いた話ばかりでもあったような・・・・
それに、忘れてしまう事も多い。
故郷の民芸品の話になったとき
「あ、それ、うちにもあるよ」って彼女が言った。でも、僕が持っているのは彼女が
くれたものではなかったっけ? 

彼女との思い出が増えて、物も増えたけれど、失くしてしまった物や忘れてしまう事も少しづつ増えていく。そういえば聞いたことが無かったのか、忘れてしまったのか、 僕は彼女のスリーサイズを知らない。
[PR]
by ryu2005 | 2006-05-14 00:37

いとしい名前

彼女を思い浮かべたり・・・・
携帯の写真に見入っていたり・・・・
心の中で「○○ちゃん」と呼んでいたり・・・・
時には声に出して・・・・

日に何度もそうやって積み重ねた想い。
いつまでも消えないまま、
「○○ちゃん」に向けた数にならない想いを集めて、
またいつか
彼女に会った時に
「好き」というひと言に、その想いがいっぱい詰まっている。
[PR]
by ryu2005 | 2006-05-13 16:30