<   2005年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

月曜日の女たち

朝、近所のおばさんを病院まで連れて行った。Fumi さんは今は一人でマンションに住んでいた。ご主人は単身赴任で九州 にいる。それで僕の方へ電話をしてきた。出かける前だったし、行く方向が同 じだったので病院まで連れて行った。車の隣 に女房と彼女以外の女性を乗せたのは久しぶりだった。

営業に行った先で、大きな荷物を頼まれた。本棚と椅子が目の前にあった。
「ちょっと頼まれてくれない? すぐ近くなんだけど・・・」 
僕の車で運んで欲しいと頼まれた。行き先を教えてもらって、荷物をワゴン車の後ろに乗せた。「待ってて、助手をつけるから・・・・」
新しい事業のための事務所まで、Nao ちゃんと呼ばれていた女性がついてきた。僕と同じくらいの歳に見えたが、まだ独身だった。車の隣 に彼女以外の独身女性を乗せたのは久しぶりだった。

営業所 に帰ると保険外交員の人が待っていた。先日、医療保険に入るのに検査を受けた。その結果を持って来ていた。Kayo さんは美人だった。でも、名前を覚えているのはそのせいじゃない。初恋の女の子と同 じ名前だったから・・・・
「全く問題なしです」 Kayo さんは言った。健康診断の結果が思ったより良くなかったので心配していた。大丈夫なら保険に入っちゃおうかな・・・・ Kayo さん。

家に帰ると女房が言った。
「 Fumi さんから電話があったわよ。今朝はどうもありがとうって・・・・」
あの人は近所の評判がよくないとも言った。
「ふーん、そうなんだ」

一日が終わる頃、
彼女からメールが届いた。
「おやすみなさい」
あぁ、今日会えなかった貴女が一番好きだ。
[PR]
by ryu2005 | 2005-05-31 01:34

彼女との距離

たとえば、レストランに来たカップルが恋愛中だと会話が多い。
夫婦は会話が少ないそうだ。二人で黙って座っている時間が多い。
恋人同士は話をしたがる。相手の事が知りたい。自分の事も話したい。
夫婦はそんな事はもういいのかな?
相手の事は分かっている。
子供の方に関心がある。
実際の生活は大変だと思うけれど。楽しかったあの頃を思い出したら・・・・

僕たちは、ずっと喋っている。
彼女とはずっと一緒にいられないから。
話したい事がたくさんある。
今日は何があった?
何でもない事でも、一度聞いた話でも、彼女の事なら何でも聞きたい。

もし一緒に暮らしていたら、変わってしまうのだろう。
ひとりの時間も欲しくなる。彼女が傍にいても、自分のことをしている時間。
彼女がいるのが当たり前になって、言葉を交わす回数が減る。
嫌いになるのではない。身近な存在になって、本当の意味で、自分の生活の一部になってしまうからだ。

今はそうじゃないから、色んなことを話しあって、手を握って、触れ合っていられる距離でないといけないみたいだ。
[PR]
by ryu2005 | 2005-05-30 09:21

返答

貴女とは気が合うd0000068_0581227.jpg
貴女は僕を
「私のもう半分」だと言う。

だから物足りなくなる
足りない部分を満たして
静かな夜空と
誰も知らない
暗闇の中で
ひとつの物になっている

それで納得する

貴女とは気が合う
僕は貴女を
「僕に不足している物の全て」だと思う
[PR]
by ryu2005 | 2005-05-29 01:02

知らない彼女

でもね、一緒に暮らすとイヤな部分も見るようになるんだよ。
つき合っている時には見せない、見せる必要もない部分を見つけることになる。
一緒に生活していくのだから、それは仕方がない。

今でも、知らなかった一面を発見することがある。
すべてを受け入れて、僕は彼女をもっと身近に感じている。
ありのままの彼女がいい。
もし一緒に生活したなら、知らなかった彼女を見るようになって、それを受け入れて、次第に変わっていくのだろう。
僕も彼女に小言を言ったり、時には喧嘩もしたり、
それでも平気な顔をしているかも知れない。
そんなことで壊れてしまうような薄っぺらな愛情だったら要らない。

色んなことが平気になっていく。
キスもためらっていた頃・・・・
呼び捨てで名前を呼べなかった。
それが今は・・・・

キスして・・・・
抱きしめて・・・・
今では彼女と愛し合って・・・・
平気な顔して家に帰る。
[PR]
by ryu2005 | 2005-05-28 00:10

もしも・・・・

既婚者という事実が当初は、
彼女とつき合っていいものか? 
つき合い始めても、このままでいいのか? という問題の源だった。
それが、一年も経つ頃には、彼女とは結婚できないんだという視点に問題が変わってしまった。
もし、僕が独身だったら・・・・の話にもなった。
どちらが先に声を掛けていただろうか?
お互いに、同じ頃から好きだったみたいだから・・・・

今の関係は、彼女の方が僕に近づいてきたのだ。
彼女は僕が誘ったのだと主張しているが・・・・
もし僕が独身だったら・・・・結局、気持ちは今と変わらない。
つき合い方が変わっていただろう。

もしも・・・・の話で彼女が聞いてきた。
「もし、独りだったら、今頃プロポーズしてくれた?」
「なにバカなこと言ってるんだ」
「ダメ? ・・・なの?」
「そんな暇なんかないよ。今頃、結婚の日取りも決まって、準備なんかで忙しいんだから・・・・」
[PR]
by ryu2005 | 2005-05-27 09:13

いじわる

「何で、先に結婚しちゃったのよ」
「そう、言われても・・・・縁があって・・・・」
「あと3年待っていてくれたら会えたのに」

会えたけれども、3年遅れたとしても、その時に僕が結婚しちゃったら同じだよね?
彼女はうまく計算できていない。3年以上、
もっと早く彼女が現れていたら変わっていたかも知れないという話だ。
彼女は意地悪な質問をする。
「もし私と今の奥さん、同時に現れていたらどうする?」
「どうする?って、どちらかを選べってこと?」
「そう」
実際にそんな状況にならないと分からないんじゃないか? 
考え込んでしまう。

「もし私と結婚していて、今の奥さんと会ったら浮気してた?」
あぁ、こんな時の彼女は意地悪だ。でも、楽しそうだ。
僕が答えられないのを楽しんでいる?
僕も、答えを出せない彼女との関係を楽しんでいる?

彼女との今の状況は、これ以上求めてはいけない、
僕にとっては幸せな出来事なのかも知れない。
[PR]
by ryu2005 | 2005-05-26 00:38

結婚の話

いくつか、大事な約束があった。
果たせるかどうか分からない約束。
先の人生がどうなるか分からないから。

「いつか結婚しよう」
条件つきの約束だ。僕の方に何かあって独りになってしまったら・・・・
そんな事があるかさえ分からない、当てのない約束。
彼女の方に縁があって、誰かと結婚しているかも知れない。
こちらの方が可能性が高い。
お互いに独りという状況があったら・・・・
「結婚して」

僕は今、家庭をどうしようとか思わない。
もし彼女が結婚するなら、引きとめることもできない。
どうしようもない状況での約束。
そんな時が来たらの話。

たとえ何歳になっていても、
いやでなければ、僕と・・・・
結婚してください。

指輪だけは、もうあります。
[PR]
by ryu2005 | 2005-05-25 00:30

ずっと彼女がいてくれるのは嬉しいはずなのに・・・・


隠れて異性に会っているなんて、許せない。
僕の家庭の話だ。
女房はきっと許してくれない。

僕は今、彼女を捨てられない。家庭も壊せない。
僕はここから動けないで、時間だけが先へ進む。
彼女と会う回数が増える。
彼女は年齢を重ねる。

家庭にも、彼女にも悪い事をしている自分を見つける。
「ずっとこのままでもいいの、その時は、そういう運命なんだなって思うよ」
彼女はどんな形でも僕とは離れたくないと言った。

僕は苦しむだろう。
彼女が他の男に取られても、ずっとここにいたとしても。

これからどうなるか判らないことへの心配。
まだ、起きていない苦しみ・・・・愛するが故に、今、苦しむという矛盾。
[PR]
by ryu2005 | 2005-05-23 23:21

いつか・・・・の話

将来のことが話題になると、僕はどうしようもない。
誰かいい人を見つけて、幸せになって欲しい。
僕が幸せにできないから、そういう結論が出る。

他の男とつき合う時は、僕がいてはいけない。
彼女のことを考えるなら、邪魔してはいけない。
そんな、話になってしまう。

「そんなのはいや」だと彼女は言った。
好きな人ができたから、僕とはさよなら・・・・
それでは、僕を利用していたみたいで、いやなのだと言う。

実際に彼女は、他の男を見ていた。つき合うのなら、僕は離れていようと思った。
彼女は、そうなっても僕には傍にいて欲しいと望んだ。
僕は「できない」と言った。
もし、僕がこれから女性とつき合うのであったら、隠れて会っている男なんかいたら許せないと思う。

家庭に対して、僕は許されない事をしている。
自分がしている事を彼女にはさせない。

いつか、いい人が現れて結婚できるなら、そうあるべきだ。
僕が邪魔をしてはいけない。
自分がしている事を彼女にはさせない・・・・というのはいけない。
[PR]
by ryu2005 | 2005-05-23 00:55

いつまでも

いつまでもここにいたらいけない・・・・という話をする事がある。
僕は彼女と、今のままでは一緒になれないから・・・・
彼女の大事な時間だけが過ぎていく。
僕とつき合ってから、幾つ歳を重ねた?

だから、色々と大目にみている。
他の男に気持が向いても仕方がないと思う。
僕が妬いて、苦しい思いをする。
好きな女性が違う男を見ている苦しさを味わった。
そして、彼女はまだここにいる。

誕生日にまたひとつ歳を加える。
彼女は後悔していないと言う。
「好きな人がいるって、幸せだよ・・・・ちょっと、思い通りにはならないけどね」

そういえば、「お見合いしてみない?」って話を持ってきた人がいた。
その時、彼女にそんな気は無かった。
自分で見つけた人がいたから・・・・
誰にも言えない人、
結婚できない人。
あれから何年経った?

「無理して変えようとしなくてもいいよね」
そんなところで話は落ち着く。
今日も遅くまで話し込んでしまった。

いつまでもここにいたらいけないよ。
早く帰らないと・・・・
色々と自由にならない事が多い。
[PR]
by ryu2005 | 2005-05-22 00:54